ポリ袋印刷でリピーターを作る

デザインやロゴで印象づけられる

商品を入れるポリ袋にお店の名前を印刷すれば、高い宣伝効果が得られます。消費者に商品を渡す際にポリ袋が使用されますが、何も印刷されていなければ印象に残りません。工夫したデザインで店のロゴ等を印刷すれば、消費者の心に残りやすくなります。ポリ袋はゴミ袋など、別の用途で再利用されるケースが殆どです。その際にお店のことが思い出されるので、次の来店につながる可能性があります。必ずしも店の名前が見えなくても、印刷の色やデザインで印象付けることが出来ます。キッチンなどで色味が映えるデザインであれば、丁寧に保管されることもあり得ます。それがお店の印象を良くすることになり、お店のリピーターにつながることもあります。

少ロットの注文にも対応

お店のポリ袋に印刷しようと思っても、方法が分からない人が多くいます。近くに印刷業者があっても、少ない印刷枚数では注文しづらい場合もあります。そのような際に役立つのが、インターネットを使ったネット印刷です。ネット印刷であれば簡単に注文でき、少ロットの注文にも対応しています。注文の流れとしては、先ず袋のサイズと色を選択し、印刷するデザインをデータで送るだけです。デザインは自分で自由に作成でき、複雑なデザインにも対応可能です。また、デザインに自信がなければ、オプションで作成してもらうことも出来ます。デザイン変更なども簡単に行えるので、季節やセール時期に応じて色々なポリ袋を作れます。何よりも、街の印刷業者よりもコストを抑えられるのが魅力です。

ビニール袋に印刷するデザインは、例えば、そのお店のロゴや名前などわかりやすいものが多く使われています。